うまくいっている夫婦仲調査 北海道最下位のリアルな理由

公開日:

 夫婦仲が良くないのは北海道――。こんな調査結果が出た。

 情報サービス業の「プラネット」が今日(11月22日)の「いい夫婦の日」を前に、全国の既婚男女2608人に夫婦関係を聞いたところ、「うまくいっている」と「ややうまくいっている」の合計が最も低かったのは北海道で40.6%だった。ワースト2以下は東北の43.3%、甲信越の47%である。

 北海道は寒い夜に男女が密着して眠るイメージがあるため、夫婦仲がいいと思ってしまう。この結果は意外だが……。

「それは北海道を知らない人の妄想です」と笑うのは県民性に詳しい「ナンバーワン戦略研究所」代表の矢野新一氏だ。

「そもそも冬の北海道は暖房がしっかりしているので室内は暑いくらい暖かいのです。子供は短パンとTシャツで過ごします。夫婦が抱き合って寝る必要はありません。北海道は男女が生き抜くために必死で働く開拓精神がいまも残り、女性は気が強く、男女同権の意識も濃厚。その結果、夫への寛容さが薄く、評価が厳しくなる。考え方が合理的なのでロマンチックな発想を持ちません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る