東大生は自業自得も 我が子の“退学”取り消し請求できる?

公開日:

 今年5月、東大生らが集団で女子大生にわいせつな行為をした事件。東大は7日付で東大生と東大院生5人のうち3人を退学、2人を1年間の停学処分にしたと発表した。同大の学生懲戒処分規定第3条に定める行為(犯罪行為など)に該当すると認定されたという。

 集団わいせつ事件では、3人が強制わいせつなどの罪で有罪判決が確定。2人は不起訴処分となったため、それが退学と停学の分かれ目とみられる。

 東大に問い合わせたところ、「処分に差があることについては詳細に関わることなので、回答を差し控えます。関係法令や学内の規定に照らし合わせて適正なものとなるよう判断した結果」(広報課)だという。

■経過説明なしで処分の可能性も

 東大生の行為はもちろん論外で同情の余地なしだが、万が一わが子が事件に巻き込まれたり、つい“悪さ”をして退学になったら、親は泣くに泣けない。せっかく大金をかけて大学に入れたのにすべてがパーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る