年間の4分の1がこの季節に “冬の花火”の魅力を研究家語る

公開日: 更新日:

 花火は夏の風物詩――とはもはや限らない。近ごろは冬の花火大会も人気だからだ。

 花火写真家・研究家の冴木一馬氏によれば、「日本で1年間に開催される花火大会は約8500。そのうち、冬の大会は4分の1近くの約2000にも及ぶ」という。

 先駆けは「長野えびす講煙火大会」(11月)や「秩父夜祭」(12月)。多いのは北海道で、雪まつりや氷まつりでは定番だ。遊園地などでは全国で行われている。なぜいま、冬に花火大会が増えているのか。冴木氏に聞いた。

「日本の花火は納涼文化を受け継いでおり、夏に打ち上げられるのが伝統でした。しかし、2000年のミレニアムイベントで、カウントダウンに花火が打ち上げられて以降、季節を問わず花火大会が開かれるようになっています」

「花火はいつでも盛り上がる」ということに、イベント会社が気づいたのだ。実際、老若男女問わず楽しめるイベントで、「2000万円くらいの予算(の花火)で、10万人くらいは集まる」(冴木氏)というから、費用対効果は抜群だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る