年間の4分の1がこの季節に “冬の花火”の魅力を研究家語る

公開日:

 花火は夏の風物詩――とはもはや限らない。近ごろは冬の花火大会も人気だからだ。

 花火写真家・研究家の冴木一馬氏によれば、「日本で1年間に開催される花火大会は約8500。そのうち、冬の大会は4分の1近くの約2000にも及ぶ」という。

 先駆けは「長野えびす講煙火大会」(11月)や「秩父夜祭」(12月)。多いのは北海道で、雪まつりや氷まつりでは定番だ。遊園地などでは全国で行われている。なぜいま、冬に花火大会が増えているのか。冴木氏に聞いた。

「日本の花火は納涼文化を受け継いでおり、夏に打ち上げられるのが伝統でした。しかし、2000年のミレニアムイベントで、カウントダウンに花火が打ち上げられて以降、季節を問わず花火大会が開かれるようになっています」

「花火はいつでも盛り上がる」ということに、イベント会社が気づいたのだ。実際、老若男女問わず楽しめるイベントで、「2000万円くらいの予算(の花火)で、10万人くらいは集まる」(冴木氏)というから、費用対効果は抜群だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る