プロが指南 正月のおせち代“10分の1”に押さえる買い物術

公開日: 更新日:

 アッという間にクリスマス、そして正月で、この時季は何かと物入り。実際、昨年12月の2人以上世帯の消費支出(総務省家計調査)は31万8254円と、12月は一年の中で最も支出が多い。前月11月の27万3268円と比べて16%増だ。

 その12月で目立つ支出が「食料」費で、8万8327円。1~11月の平均が約7万円だから、突出している。

「大半は“おせち料理”にお金をかけているのです」と話すのは、生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏だ。

 JA全中の昨年の調査によると、正月におせちを食べる人は約8割。そのうち、おせちをすべて手作りするのは6%で、手作り&購入派が約6割だった。うまく工夫して出費を抑えたいのなら、「12月20日ごろまでに準備を始めましょう」(柏木理佳氏)。

 今ならスーパーで100円、200円で買える「かまぼこ」が、おせち用になると10倍以上したりする。「黒豆」だってそうだ。今なら“丹波”と銘打ったものでも300円ほどで買えるのに、これも1000円以上したりして、目の玉が飛び出そうになる。数の子もしかりで、正月価格に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る