伴侶公認でセフレと楽しむ 「オープンマリッジ」の心得

公開日: 更新日:

 家庭ではセックスレスでも、一歩外に出れば話は違うだろう。相模ゴムの調査でも、既婚者は外にセックスを求める傾向がうかがえる。2016年に話題をさらったゲス不倫でモメたくなければ、新年はいっそ相手公認の下、外にセックスパートナーをつくったらどうか――。

 マサルさん(48)は4年前、忘年会の2次会でSMバーの扉を開いてから“開眼”。「セックスレスの妻に本性は明かせなかった」ため、内緒でSMクラブに通って欲求を満たしていたが……。

「酔っぱらってスラックスのポケットにSMクラブの会員証を入れたまま帰宅してしまい、アイロンをかける妻(49)にバレたのです。『何、浮気してんのよ』と説教されて、ふと思いました。『自分が望むセックスをさせてくれという話に持っていけば、いいのではないか』と」

 妻も浮気防止のため渋々“お試しSM”に応じた。マサルさんは妻の両手首をラップで縛り、コトに及ぶ。前戯を終えて挿入し、首を絞めながらピストンしていたら、自ら縛った両手で妻に殴られた。素っ裸で話し合うと、「浮気ではなく、性欲解消のためのSMというのは分かったけど、私には無理。外でして」と“公認”してもらったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  6. 6

    国内で初「健康な20代男性」無念のコロナ死…入院できず

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  9. 9

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る