“味は簡単に変えず”が桃屋「ごはんですよ!」のこだわり

公開日:

 炊きたてのご飯にちょっとのせて、といえば海苔の佃煮(つくだに)。桃屋の看板商品「江戸むらさき ごはんですよ!」に注目だ。こだわりの原材料で作る高品質な海苔の佃煮は、昔から知る安心の味。最近はパンやパスタと合わせるのも人気で、1973年の発売から40年を越えても、好調な売り上げを続けている。

 始まりは1950年に誕生した「江戸むらさき」。質より量の戦後の時代に、桃屋はとことん本物にこだわった海苔の佃煮を生み出した。使用する青海苔は三重県の伊勢湾産を中心に厳選。本醸造の醤油と砂糖を基調とした江戸前の佃煮は大ヒットし、桃屋もトップメーカーに成長。その勢いをもって73年、姉妹品として登場したのが「ごはんですよ!」である。

「桃屋は発売した商品の味は簡単には変えない。なぜならお客さまを裏切ることになるから。時代のニーズや嗜好の変化に対しては、姉妹品を開発して対応している」(営業企画室の森本豊彦氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る