日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

垣田達哉氏が教える“イベント詐欺”に引っかからないヒント

 国内最大級をうたったグルメイベント「グルメンピック」の延期騒動は“他山の石”だ。

 グルメンピックは2月に開催予定だったが、主催の大東物産がこの期に及んで中止を発表。全国250店を超える飲食店が、1店当たり20万円以上の出店料の返金を求める騒ぎになっているが、婚活パーティーなど詐欺まがいのイベントに引っかからないためのヒントが隠されている。

 たとえば主催者の「実績」だ。大東物産のHPには、イベントをはじめとする具体的な過去の実績が、何ひとつ記載されていない。消費者問題研究所代表の垣田達哉氏がこう言う。

「どんなイベント会社でも、最初は数十人規模の小さなイベントから実績を積み重ね、だんだん規模を大きくしていく。参加者が1000人を超えるような大イベントになると、人や金を集めるだけでも大変です。そのうえ行政、警察、保健所なども絡んでくる。近隣住民対策や、協賛企業も必要になるため、実績は不可欠なのです。まずは、HPでその点を確認すること。さらに主催者が過去にやったイベントに参加した人の評判を、ネットでいいので調べてみること。それだけでも、詐欺に引っかかるリスクは下がります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事