「森永ビスケット」シリーズは種類で購買層が全然違う

公開日:  更新日:

 昔からあるお菓子の定番といえばビスケット。中でも「森永ビスケット」シリーズはその代表的存在で、1923年生まれの「マリー」を筆頭にロングセラー商品を多数揃えている。時代に合わせたアプローチで新規ユーザーも獲得。食事代替での用途拡大など市場自体が盛り上がる中、森永ビスケットも好調が続き、直近8年間で過去最高販売数を更新中だ。

 森永製菓は23年、化粧缶に16種類のビスケットが入った贈答用の詰め合わせを発売。その中のひとつが「マリー」だった。やさしいミルクの味わいは大評判となり、3年後、紙製のパッケージが考案されると、第1号商品として選ばれる。これがシリーズの始まりで、37年には香ばしいバターの味わいの「チョイス」を発売する。そして豊かな時代となった60年、嗜好の多様化を受けて投入したのがクッキータイプの「ムーンライト」だ。ビスケットよりも油分が多いクッキーならではのさっくり&しっとり感が楽しめるムーンライトは、たちまちヒット商品となった。以降はクッキータイプが中心。94年に「チョコチップクッキー」、15年に「アーモンドクッキー」を発売し、現在の基幹商品5品が揃う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る