「森永ビスケット」シリーズは種類で購買層が全然違う

公開日:  更新日:

 昔からあるお菓子の定番といえばビスケット。中でも「森永ビスケット」シリーズはその代表的存在で、1923年生まれの「マリー」を筆頭にロングセラー商品を多数揃えている。時代に合わせたアプローチで新規ユーザーも獲得。食事代替での用途拡大など市場自体が盛り上がる中、森永ビスケットも好調が続き、直近8年間で過去最高販売数を更新中だ。

 森永製菓は23年、化粧缶に16種類のビスケットが入った贈答用の詰め合わせを発売。その中のひとつが「マリー」だった。やさしいミルクの味わいは大評判となり、3年後、紙製のパッケージが考案されると、第1号商品として選ばれる。これがシリーズの始まりで、37年には香ばしいバターの味わいの「チョイス」を発売する。そして豊かな時代となった60年、嗜好の多様化を受けて投入したのがクッキータイプの「ムーンライト」だ。ビスケットよりも油分が多いクッキーならではのさっくり&しっとり感が楽しめるムーンライトは、たちまちヒット商品となった。以降はクッキータイプが中心。94年に「チョコチップクッキー」、15年に「アーモンドクッキー」を発売し、現在の基幹商品5品が揃う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る