• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男女問題研究家がコツ語る タイプ別“どうせ女子”の褒め方

「逃げるは恥だが役に立つ」や「東京タラレバ娘」など女性マンガから派生してヒットするドラマは、自己評価が低い登場人物が目立つ。逃げ恥のヒロインは「誰からも必要とされないつらさ」に苦しみ、タラレバ3人娘は連日、居酒屋でタラレバトークを繰り返してグチる。「どうせあたしなんか……」とボヤキが聞こえてきそうだ。

 そういうドラマが人気なのは、それだけ自己評価が低い“どうせ女子”が少なくないのだろう。一見、面倒なタイプだが、「“どうせ女子”を逃げ恥タイプとタラレバ娘タイプに分けて、男性がうまくサポートすると、最高のパートナーになる可能性がある」と言うのは、男女問題研究家の山崎世美子氏だ。まずはタラレバ娘タイプについて。

「このタイプは、総じて外見は70点以上と悪くありません。チヤホヤされて好みの男性を選んでいるうちに、もっと若い女子にはじき飛ばされる格好で婚期を逃した。その失敗の悔やみから自分の評価を低め、“売れ残り”や今後のチャンスに不安を抱いているのですが、そこをなくせば輝きを見せる。一番の方法が外見や熱中していることを褒めること。“私まだイケるのね”と安心します。そう言ってくれる男性に心を寄せ、信頼感を募らせるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る