• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バレンタインに定着“逆チョコ” 女子ウケする贈り物は何?

 もうすぐバレンタインデー。今年は2月14日が平日だから、ソワソワするサラリーマンも多いだろう。最近は男性からの“逆チョコ”もブーム。たとえば出会いバーの「Standing Bar 333」では、店内で男性客が女性客にチョコを渡す“逆チョコ”イベントを実施したり、文化として定着しつつある。

 ネットリサーチの「マクロミル」の調査「~働く男女1000人に聞く~バレンタイン実態調査2017」によると、男性の25%がチョコを購入の予定という。妻や彼女、片思いの女性に贈るのだが、悩ましいのは渡し方だ。男女の恋愛に詳しい作家の加藤文果氏は「親しい女性はもちろん、『あと一押し』という女性には、ちょっとしたランジェリーや官能小説をチョコとセットで渡してみると、関係が発展します」とアドバイスする。

「20、30代の女性に取材すると、意外にも男性からもらうセクシーグッズのウケが良い。意識していなかった同僚男性に黒い下着をもらって『私ってこんなイメージなんだ、とドキッとした』とうれしそうに話す女子もいますよ。それにチョコだけだと、『皆にも渡しているだろうし』と特別感が伝わらないようですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る