• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バレンタインに定着“逆チョコ” 女子ウケする贈り物は何?

 もうすぐバレンタインデー。今年は2月14日が平日だから、ソワソワするサラリーマンも多いだろう。最近は男性からの“逆チョコ”もブーム。たとえば出会いバーの「Standing Bar 333」では、店内で男性客が女性客にチョコを渡す“逆チョコ”イベントを実施したり、文化として定着しつつある。

 ネットリサーチの「マクロミル」の調査「~働く男女1000人に聞く~バレンタイン実態調査2017」によると、男性の25%がチョコを購入の予定という。妻や彼女、片思いの女性に贈るのだが、悩ましいのは渡し方だ。男女の恋愛に詳しい作家の加藤文果氏は「親しい女性はもちろん、『あと一押し』という女性には、ちょっとしたランジェリーや官能小説をチョコとセットで渡してみると、関係が発展します」とアドバイスする。

「20、30代の女性に取材すると、意外にも男性からもらうセクシーグッズのウケが良い。意識していなかった同僚男性に黒い下着をもらって『私ってこんなイメージなんだ、とドキッとした』とうれしそうに話す女子もいますよ。それにチョコだけだと、『皆にも渡しているだろうし』と特別感が伝わらないようですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る