日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

実はあなたも…1人でキャバクラに行く男は“タラレバ男子”

 オーバー30の女子3人がパッとしない私生活や仕事の不満を居酒屋でグチるマンガ「東京タラレバ娘」がドラマ化され、話題を呼んでいる。ま、男にだって「あ~、こうだったらなあ」と言いたくなる時もあるが、「タラレバは男だとタチが悪い」と言うのは、男女問題研究家の山崎世美子氏だ。どういうことか。

「マンガでは、言い訳がましい主人公にイケメンがダメ出しするシーンが度々出てきます。一般の女子トークでも、『いい男がいたらなぁ……』という話題で盛り上がっても、どこかで『そんな男いないし』とツッコまれる。それで、『だよね』と気づくのですが、タラレバ男は9割方、周囲にツッコまれないので、自分の愚かさに気づかないのです」

 居酒屋トークで、査定の悪さに腹を立て、「カネさえあれば独立して、バンバン稼ぐのに」というたわ言を吐く男はよくいるが、なるほど、聞き手はツッコむのも面倒くさくて、「ハハハ」と冷たい笑いと「だよねー」で話を流す。話がOLの会社の悩みに及んだりすると、「オレに相談してくれたら、もっといい仕事してもらうのに」とブチ上げる。周りは「オマエに人事権ねーだろ」と知らんぷりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事