• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

おしゃぶり昆布浜風のヒントは味噌汁の“失敗作”だった

 素材を生かした菓子には、根強いファンを持ち、安定した売り上げを続けるヒット商品が多い。中野物産の「おしゃぶり昆布」シリーズもそのひとつだ。1977年発売のロングセラー「浜風」に加え、近年は「梅」も主力商品に成長。ファン層を拡大している。

 中野物産といえば「都こんぶ」でおなじみの菓子メーカー。軟らかく甘酸っぱい都こんぶに対し、「おしゃぶり昆布浜風」はかつお風味のパリパリ食感が特徴だ。

「都こんぶに次ぐ新たな柱を築きたいとの思いが始まり。既存の機械設備を極力活用しながら乾燥物で何か商品が作れないかと考え、開発を進めた」(常務取締役の木村史郎氏)

 とはいえ当初は味・風味でかなり難航。試行錯誤を繰り返した。そんな中、ヒントになったのが味噌汁。ある日、開発責任者(木村氏本人)が自宅で夕食を取っていると、味噌汁の味がいつもと違う。それもそのはずで、本来は昆布とかつお節でダシを取るところ、その日はかつお節を切らしており、昆布だけの味だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る