おしゃぶり昆布浜風のヒントは味噌汁の“失敗作”だった

公開日:

 素材を生かした菓子には、根強いファンを持ち、安定した売り上げを続けるヒット商品が多い。中野物産の「おしゃぶり昆布」シリーズもそのひとつだ。1977年発売のロングセラー「浜風」に加え、近年は「梅」も主力商品に成長。ファン層を拡大している。

 中野物産といえば「都こんぶ」でおなじみの菓子メーカー。軟らかく甘酸っぱい都こんぶに対し、「おしゃぶり昆布浜風」はかつお風味のパリパリ食感が特徴だ。

「都こんぶに次ぐ新たな柱を築きたいとの思いが始まり。既存の機械設備を極力活用しながら乾燥物で何か商品が作れないかと考え、開発を進めた」(常務取締役の木村史郎氏)

 とはいえ当初は味・風味でかなり難航。試行錯誤を繰り返した。そんな中、ヒントになったのが味噌汁。ある日、開発責任者(木村氏本人)が自宅で夕食を取っていると、味噌汁の味がいつもと違う。それもそのはずで、本来は昆布とかつお節でダシを取るところ、その日はかつお節を切らしており、昆布だけの味だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る