日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

後発ハンディ好機に 「わが家の麺自慢ちゃんぽん」の戦略

 ニッスイ(日本水産)の家庭用冷凍食品「わが家の麺自慢ちゃんぽん」に注目だ。具だくさんで本格的な味わいが手軽に楽しめる、具付き冷凍麺のパイオニアは、発売以来市場をリード。近年は野菜にフォーカスした展開もウケて、好調な売れ行きを見せている。

 ニッスイの冷凍ちゃんぽんは1987年、同社初の冷凍麺「COOK FOR MEちゃんぽん」として誕生した。初の冷凍麺が、なぜちゃんぽんだったのか。当時、冷凍麺では他社がうどん単体の商品をヒットさせていた。そこで差別化。後発のハンディを好機に変えるべく、メニューとして完結している「具付き麺」でいこうと考えた。

「うどん含めいろいろ検討したが、やはり欲しいのはインパクト。具・スープ・麺の個々にこだわることで満足感のあるものになり得るメニューとして、ちゃんぽんに行き着いた」(家庭用食品部冷凍食品課の國部裕氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事