後発ハンディ好機に 「わが家の麺自慢ちゃんぽん」の戦略

公開日:

 ニッスイ(日本水産)の家庭用冷凍食品「わが家の麺自慢ちゃんぽん」に注目だ。具だくさんで本格的な味わいが手軽に楽しめる、具付き冷凍麺のパイオニアは、発売以来市場をリード。近年は野菜にフォーカスした展開もウケて、好調な売れ行きを見せている。

 ニッスイの冷凍ちゃんぽんは1987年、同社初の冷凍麺「COOK FOR MEちゃんぽん」として誕生した。初の冷凍麺が、なぜちゃんぽんだったのか。当時、冷凍麺では他社がうどん単体の商品をヒットさせていた。そこで差別化。後発のハンディを好機に変えるべく、メニューとして完結している「具付き麺」でいこうと考えた。

「うどん含めいろいろ検討したが、やはり欲しいのはインパクト。具・スープ・麺の個々にこだわることで満足感のあるものになり得るメニューとして、ちゃんぽんに行き着いた」(家庭用食品部冷凍食品課の國部裕氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る