今年30周年 アサヒスーパードライは5000人嗜好調査が原点

公開日:

「アサヒスーパードライ」は、言わずと知れたビールのトップブランドだ。1987年3月に日本初の辛口・生ビールとして発売以来、絶大な支持を獲得。累計販売数量は37億箱を超える。

 はじまりは5000人調査だった。80年代半ば、アサヒビールの市場シェアは10%を割り込んでいた。その危機的状況をひっくり返したのが消費者志向の商品開発。

「ビールは苦くて重いが当たり前となっているが、果たして実際の嗜好はどうか。東京と大阪で消費者5000人の嗜好調査を実施すると、じつは口に含んだときのうまさや、すっきり飲みやすい爽快感のあるビールを求めていることが分かった」(マーケティング第一部次長の松葉晴彦氏)

 つまり、苦味ではなくコクとキレ。まずは86年に新しく「アサヒ生ビール(通称コクキレビール)」を発売すると大反響。シェアも上昇したが、ここで満足しなかったからこそいまがある。ビールの嗜好の変化は、肉や揚げ物などが増えたことも一因。となれば、今後はもっとすっきりしたものが好まれるようになるはず。どん底の会社が守りの姿勢ではダメだと、一歩先を見据えてさらなるコクキレを追求。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る