今年30周年 アサヒスーパードライは5000人嗜好調査が原点

公開日:

「アサヒスーパードライ」は、言わずと知れたビールのトップブランドだ。1987年3月に日本初の辛口・生ビールとして発売以来、絶大な支持を獲得。累計販売数量は37億箱を超える。

 はじまりは5000人調査だった。80年代半ば、アサヒビールの市場シェアは10%を割り込んでいた。その危機的状況をひっくり返したのが消費者志向の商品開発。

「ビールは苦くて重いが当たり前となっているが、果たして実際の嗜好はどうか。東京と大阪で消費者5000人の嗜好調査を実施すると、じつは口に含んだときのうまさや、すっきり飲みやすい爽快感のあるビールを求めていることが分かった」(マーケティング第一部次長の松葉晴彦氏)

 つまり、苦味ではなくコクとキレ。まずは86年に新しく「アサヒ生ビール(通称コクキレビール)」を発売すると大反響。シェアも上昇したが、ここで満足しなかったからこそいまがある。ビールの嗜好の変化は、肉や揚げ物などが増えたことも一因。となれば、今後はもっとすっきりしたものが好まれるようになるはず。どん底の会社が守りの姿勢ではダメだと、一歩先を見据えてさらなるコクキレを追求。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る