• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今年30周年 アサヒスーパードライは5000人嗜好調査が原点

「アサヒスーパードライ」は、言わずと知れたビールのトップブランドだ。1987年3月に日本初の辛口・生ビールとして発売以来、絶大な支持を獲得。累計販売数量は37億箱を超える。

 はじまりは5000人調査だった。80年代半ば、アサヒビールの市場シェアは10%を割り込んでいた。その危機的状況をひっくり返したのが消費者志向の商品開発。

「ビールは苦くて重いが当たり前となっているが、果たして実際の嗜好はどうか。東京と大阪で消費者5000人の嗜好調査を実施すると、じつは口に含んだときのうまさや、すっきり飲みやすい爽快感のあるビールを求めていることが分かった」(マーケティング第一部次長の松葉晴彦氏)

 つまり、苦味ではなくコクとキレ。まずは86年に新しく「アサヒ生ビール(通称コクキレビール)」を発売すると大反響。シェアも上昇したが、ここで満足しなかったからこそいまがある。ビールの嗜好の変化は、肉や揚げ物などが増えたことも一因。となれば、今後はもっとすっきりしたものが好まれるようになるはず。どん底の会社が守りの姿勢ではダメだと、一歩先を見据えてさらなるコクキレを追求。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る