日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

10年後は5200万人の米国人が無保険に

 トランプ政権誕生以来、オバマ大統領時代の健康保険法「オバマケア」を撤廃する動きが加速。3月上旬、その代替案である通称「トランプケア」が議会に提出され、大論争となっています。

 なぜなら、トランプ大統領が約束した「国民すべてに保険を」という内容ではなく、1年で1400万人、さらに10年以内に2400万人が保険を失うと予測されるからです(連邦議会予算事務局発表)。

 以前にもお伝えしたように、それまで無保険だった4900万人の米国人のうち、2600万人がオバマケアにより新たに保険を獲得したとみられています。単純に計算すると、今回の保険法でそのほとんどが再び無保険に戻るだけでなく、10年後には以前より多い5200万人が無保険になると予測されているのです。

 トランプケアは、国民すべての保険購入義務を廃止。年収による税控除が「年齢によるもの」に変わり、その控除額も大幅に減少します。結果、最もインパクトを受けるのは低所得者層と高齢者になるのです。例えば64歳で年収300万円の女性の保険料は現在の年間20万円から一気に168万円まで増えてしまいます。同時に公的医療保険制度への連邦予算も大幅にカットされ医療を全く受けられなくなる人が続出する見込みです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事