• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

精神科医らが批判展開 「トランピズムは公衆衛生の敵」

 これまで、大統領選によるストレスについて何度も紹介してきました。すでにトランプ政権はスタートしましたが、今度は数時間ごとにヘッドラインを賑わすショッキングなニュース、繰り返される議論、抗議行動などの影響で、不眠や不安を訴える人が多くなっています。

 そんな中、約2400人の心理学者と精神科医で構成されるグループが「トランピズムは公衆衛生の敵である」という訴えを出しました。「民主主義を守る市民の精神科医の会」は、ミネソタ大学で教壇に立つウィリアム・ドハーティ教授が中心になって立ち上げた団体で、「トランピズムは米国が生んだファシズムである」と定義しています。

 その“理由”として挙げている例は以下のようなものです。あらゆる問題を移民や少数民族のせいにする。ライバルや、自分を批判する相手をおとしめ、あざ笑い、名を汚す。強権指導者として恐れや怒りに訴える。自分を信じればすべての問題を解決してあげると約束する。歴史をねじ曲げ、事実を無視する。過ちを認めず、結果に責任を持たない。女性を見下しつつ理想化する。裁判所などの公的機関をないがしろにし、自国の力のみを重んじて国際法や他国を尊重しない。自分の支持者による暴力を見て見ぬふりをして助長する――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る