シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

精神科医らが批判展開 「トランピズムは公衆衛生の敵」

公開日:

 これまで、大統領選によるストレスについて何度も紹介してきました。すでにトランプ政権はスタートしましたが、今度は数時間ごとにヘッドラインを賑わすショッキングなニュース、繰り返される議論、抗議行動などの影響で、不眠や不安を訴える人が多くなっています。

 そんな中、約2400人の心理学者と精神科医で構成されるグループが「トランピズムは公衆衛生の敵である」という訴えを出しました。「民主主義を守る市民の精神科医の会」は、ミネソタ大学で教壇に立つウィリアム・ドハーティ教授が中心になって立ち上げた団体で、「トランピズムは米国が生んだファシズムである」と定義しています。

 その“理由”として挙げている例は以下のようなものです。あらゆる問題を移民や少数民族のせいにする。ライバルや、自分を批判する相手をおとしめ、あざ笑い、名を汚す。強権指導者として恐れや怒りに訴える。自分を信じればすべての問題を解決してあげると約束する。歴史をねじ曲げ、事実を無視する。過ちを認めず、結果に責任を持たない。女性を見下しつつ理想化する。裁判所などの公的機関をないがしろにし、自国の力のみを重んじて国際法や他国を尊重しない。自分の支持者による暴力を見て見ぬふりをして助長する――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る