世界を席巻する? くずし字解読ソフト「MOJIZO」の可能性

公開日:

 大きな可能性を秘めたソフトだろう。奈良文化財研究所と東京大学史料編纂所が共同開発し、今月公開したスマホ・タブレット版の木簡・くずし字解読システム「MOJIZO(モジゾウ)」と画像処理アプリ「MOJIZOkin(モジゾウキン)」。地味な印象の史料解読が身近になるだけでなく、ニッポンの技術力を世界に示す好機にもなるかもしれない。

 昨年3月に公開されたモジゾウは主にパソコンで使うソフトで、今年2月末までのアクセス数は22万件以上あったという。奈文研と史料編纂所は「専門家だけでなく、誰でも簡単に解読できる時代となりつつある。いつでもどこでも、気軽にシステムを利用してもらえることを願い、スマホ・タブレット版を開発した」としている。加えて、英語や中国語など外国語案内もあり、外国人の「日本史研究」にも活用されそうだ。

 使い方はこうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る