日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「引っ越し料金」のピークは3月末 では安いのはいつだ?

「小学校が春休みに入る3月最終週になると、引っ越し件数も、料金も、ピークになります。その前の週でしたら、若干ですが、お安く……。ま、空きがあればの話ですが。そうですね~、年間では3月、4月、2月の順に料金が高い。需要も多いですからね~」

 先月中旬、足立区に住むサラリーマンのKさん(52)は、大手引っ越し業者を呼んで見積もりを取った。3月中旬に引っ越し予定だったが、やってきた営業マンにこう言われてタメ息が出た。

 見積額は合計35万円ナリ。基本料金は20万円弱だが、これに人件費、梱包作業代、電気工事費、養生費などがどんどん加算されて、アッという間にこの金額に! マージャンで振り込んだら、裏ドラを3つも4つも付けられたようなものか。

「ギリギリ20万円台で収まるかと思ってたんでね。ま、一年間で一番混み合う3月だから諦めるしかないかと。それにしても、エアコンの脱着で2万円とか、洗濯機のセッティングで5000円とかも含めて、加算料金が多いのには驚きました」(Kさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事