新人の“おかしな言動”どう修正する? 東京・新宿で聞いた

公開日: 更新日:

「新人の電話対応がなっていなくて……」

 新年度が始まってひと月あまり。新人を受け入れた現場では、研修が進む。そんなときによく聞かれるのが、彼らの対応のまずさ。どんなケースがあるか。東京・新宿で声を拾った。

「名前も名乗らずにいきなり『代表者さんいますか?』とかかってきた電話がありました。社名と名前を尋ねたら、すごく慌てていたので、間違いなく新人でした」(35歳・メーカー)「ウチの新人は、得意先への電話で『御社』と『弊社』を混同。聞いてるこちらが恥ずかしくなった」(44歳・広告)

 よくそれで入社試験の面接をクリアできたと感心するが、先輩の不満はまだまだ続く。

「新人にFAX送信を頼んだら、そもそもFAXを知らなかったらしく、イチから説明するハメになった」(36歳・印刷)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  10. 10

    “ヌーブラ、ヤッホー!”元「モエヤン」久保いろはさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る