新人の“おかしな言動”どう修正する? 東京・新宿で聞いた

公開日:  更新日:

「新人の電話対応がなっていなくて……」

 新年度が始まってひと月あまり。新人を受け入れた現場では、研修が進む。そんなときによく聞かれるのが、彼らの対応のまずさ。どんなケースがあるか。東京・新宿で声を拾った。

「名前も名乗らずにいきなり『代表者さんいますか?』とかかってきた電話がありました。社名と名前を尋ねたら、すごく慌てていたので、間違いなく新人でした」(35歳・メーカー)「ウチの新人は、得意先への電話で『御社』と『弊社』を混同。聞いてるこちらが恥ずかしくなった」(44歳・広告)

 よくそれで入社試験の面接をクリアできたと感心するが、先輩の不満はまだまだ続く。

「新人にFAX送信を頼んだら、そもそもFAXを知らなかったらしく、イチから説明するハメになった」(36歳・印刷)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る