人気上昇中の「相乗りサービス」 白タク違反は大丈夫?

公開日:

 行楽地への家族旅行は相乗りで行く日も近い。国内最大手の相乗りマッチングサービス「notteco/ノッテコ」(本社・東京都千代田区)が人気を集めている。見知らぬ人の車に同乗するのは怖い気もするが、ライドシェア(相乗り)は欧米で急速に発展中。交通渋滞回避や省エネの観点はもとより、ドライバーも通行料を安くできるメリットがある。

 ノッテコの場合、マイカーを提供するドライバーが、「行き先と日付、希望の料金」を登録。相乗り希望者は、ノッテコを通じて「コンタクト」を取る。互いが了承すれば、相乗りで目的地に向かう。

「遠距離バスより手軽で安くなるメリットがあります。例えば、単身赴任中のサラリーマンが帰省する場合、ガソリン代や高速代を大幅に軽減できます。また、震災ボランティアや野外コンサートなど同じ目的の人が『どうせなら』と利用するケースも目立ちます」(ノッテコ広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る