• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人気上昇中の「相乗りサービス」 白タク違反は大丈夫?

 行楽地への家族旅行は相乗りで行く日も近い。国内最大手の相乗りマッチングサービス「notteco/ノッテコ」(本社・東京都千代田区)が人気を集めている。見知らぬ人の車に同乗するのは怖い気もするが、ライドシェア(相乗り)は欧米で急速に発展中。交通渋滞回避や省エネの観点はもとより、ドライバーも通行料を安くできるメリットがある。

 ノッテコの場合、マイカーを提供するドライバーが、「行き先と日付、希望の料金」を登録。相乗り希望者は、ノッテコを通じて「コンタクト」を取る。互いが了承すれば、相乗りで目的地に向かう。

「遠距離バスより手軽で安くなるメリットがあります。例えば、単身赴任中のサラリーマンが帰省する場合、ガソリン代や高速代を大幅に軽減できます。また、震災ボランティアや野外コンサートなど同じ目的の人が『どうせなら』と利用するケースも目立ちます」(ノッテコ広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事