• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1カ月で3倍に急騰 ビットコインは上昇続くか危険水域か

 日本人でも買っている人がいるが、大半は値段が上がったところで売り抜けようという投資目的だという。FX(外国為替証拠金取引)で損した個人投資家が負けを取り返そうとして買っているそうだ。

 ビットコインは、まだまだ上昇するのか、それともすでにバブル化しているのか。

「株式市場では相場が急騰すると“ストップ高”がかかり、大勢のアナリストが多様なリポートを出すなど“適正価格”が模索されていますが、ビットコインは無政府状態。レフェリー不在のうえに情報が少ないところで大勢の素人がバクチをしている状態です。江戸時代の賭場みたいなもの。私の周辺の投資家は一様に『ビットコインはすでに危険水域。いつ暴落するか分からない』と言っています」(井上トシユキ氏)

 迂闊に飛び込まないほうがいいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る