「鬼平犯科帳」50周年 女性ファン増加で再ブームの兆し

公開日: 更新日:

 シバ女とは、堀口さんが勝手にそう呼んでいる“司馬遼太郎ファンの女性”のことだそうだ。

「オール読物」で「鬼平犯科帳」の連載が始まったのは、1968年の1月号から。以来、実に50年。火付盗賊改方を率いる鬼平こと、長谷川平蔵の人情味あふれるセリフにうなずき、指揮官として素早い決断で組織を動かす姿にうなったサラリーマンは少なくない。

 ドラマでは中村吉右衛門のカッコ良さが印象的だが、50歳以上の中年世代はやはり文庫本の方がなじみが深いか。

「久栄はな、今も昔もいい女よ……。これからもずっと、オレが女よ」

 セリフひとつ見ただけで、再び読みたくなる魅力がある。梅雨の前に一冊、手に取ってみるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る