• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

被害者の6割が50~70代 ワンクリック詐欺対策の鉄則は

「ご登録ありがとうございます」――スマートフォンで動画やネットを見ていたら、突然、心当たりのない契約画面が立ち上がり、高額な支払いを要求された経験はないだろうか。ワンクリック詐欺と呼ばれる詐欺の一種で、アダルトサイトによく仕掛けられている。その被害者に大きな特徴があることが分かった。

 情報セキュリティーソフト大手トレンドマイクロの広報担当者が言う。

「弊社に寄せられたワンクリック詐欺の相談件数は昨年1239件で、そのうち50~70代が62%を占めたのです。中高年男性が被害に遭いやすいことが浮き彫りになりました」

 既婚者は47%がセックスレスといわれるが、元気なオジサンは妻に隠れてエロ動画を楽しんでいるのだろう。そんなときに冒頭のような画面が登場。スマホの端末情報や利用者ID、日時などが記載されているケースもあり、「個人情報を保存し、端末への著作権保護の介助を」などともっともらしい文句が並び、危機意識をあおる。「3日以内」などと短い期限で金銭の支払いを要求するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る