被害者の6割が50~70代 ワンクリック詐欺対策の鉄則は

公開日:

「ご登録ありがとうございます」――スマートフォンで動画やネットを見ていたら、突然、心当たりのない契約画面が立ち上がり、高額な支払いを要求された経験はないだろうか。ワンクリック詐欺と呼ばれる詐欺の一種で、アダルトサイトによく仕掛けられている。その被害者に大きな特徴があることが分かった。

 情報セキュリティーソフト大手トレンドマイクロの広報担当者が言う。

「弊社に寄せられたワンクリック詐欺の相談件数は昨年1239件で、そのうち50~70代が62%を占めたのです。中高年男性が被害に遭いやすいことが浮き彫りになりました」

 既婚者は47%がセックスレスといわれるが、元気なオジサンは妻に隠れてエロ動画を楽しんでいるのだろう。そんなときに冒頭のような画面が登場。スマホの端末情報や利用者ID、日時などが記載されているケースもあり、「個人情報を保存し、端末への著作権保護の介助を」などともっともらしい文句が並び、危機意識をあおる。「3日以内」などと短い期限で金銭の支払いを要求するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る