藤井四段に“ポスト羽生”の声「落ち着いた物腰似ている」

公開日: 更新日:

「神の子」も人の子だったか。

 将棋の最年少プロ棋士藤井聡太四段(14)は、2日の竜王戦決勝トーナメント2回戦で激戦の末、佐々木勇気五段(22)に敗れ、連勝記録は29で止まった。

 日本将棋連盟のデータ(7月1日対局分まで)によると、藤井四段のプロデビュー戦の相手だった加藤一二三・九段(77)は通算1324勝1180敗で勝率0.528。天才同士がしのぎを削る世界、勝ったり負けたりが当たり前だ。

 渡辺明竜王(33)の勝率も通算0.663、あの羽生善治三冠(46)ですら0.715。トップクラスの棋士でも勝率は7割前後なのだ。

 ちなみに、藤井四段を破った佐々木五段も16歳1カ月でプロデビューを果たした。昨年は最多対局賞(65局)を獲得、勝率も7割を超えたほど勢いがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

もっと見る