オタフクソースが開発 お好み焼き用キャベツは何が特別?

公開日: 更新日:

 オタフクソース(広島市)は、種苗メーカーの増田採種場(静岡県磐田市)と、お好み焼きに適した新品種の“夏キャベツ”を共同開発した。

 キャベツはお好み焼き1枚当たり150グラム程度使う重要食材だ。ところが、夏場に流通するキャベツは糖度が低く、苦味を感じやすい。確かに、甘い春キャベツに比べ、夏場に登場するキャベツは、ギッシリ詰まって重量感はあるが、甘さがなく、おいしくない。これはお好み焼きにとっては深刻だ。

「広島では夏場、甘味があるタマネギを加えたり、天かすを多めに入れたりするお好み焼き店もあります」(飲食業界関係者)

 糖度についてみると、12~4月ごろのキャベツは8.9~10.4度あるが、6~9月は6度を下回る。オタフクソースによると、新品種のキャベツの糖度が特別高いわけではないが、広島お好み焼きにして食べてもらったアンケートで「甘い」という評価結果が出たという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る