• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オタフクソースが開発 お好み焼き用キャベツは何が特別?

 オタフクソース(広島市)は、種苗メーカーの増田採種場(静岡県磐田市)と、お好み焼きに適した新品種の“夏キャベツ”を共同開発した。

 キャベツはお好み焼き1枚当たり150グラム程度使う重要食材だ。ところが、夏場に流通するキャベツは糖度が低く、苦味を感じやすい。確かに、甘い春キャベツに比べ、夏場に登場するキャベツは、ギッシリ詰まって重量感はあるが、甘さがなく、おいしくない。これはお好み焼きにとっては深刻だ。

「広島では夏場、甘味があるタマネギを加えたり、天かすを多めに入れたりするお好み焼き店もあります」(飲食業界関係者)

 糖度についてみると、12~4月ごろのキャベツは8.9~10.4度あるが、6~9月は6度を下回る。オタフクソースによると、新品種のキャベツの糖度が特別高いわけではないが、広島お好み焼きにして食べてもらったアンケートで「甘い」という評価結果が出たという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る