• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オタフクソースが開発 お好み焼き用キャベツは何が特別?

 オタフクソース(広島市)は、種苗メーカーの増田採種場(静岡県磐田市)と、お好み焼きに適した新品種の“夏キャベツ”を共同開発した。

 キャベツはお好み焼き1枚当たり150グラム程度使う重要食材だ。ところが、夏場に流通するキャベツは糖度が低く、苦味を感じやすい。確かに、甘い春キャベツに比べ、夏場に登場するキャベツは、ギッシリ詰まって重量感はあるが、甘さがなく、おいしくない。これはお好み焼きにとっては深刻だ。

「広島では夏場、甘味があるタマネギを加えたり、天かすを多めに入れたりするお好み焼き店もあります」(飲食業界関係者)

 糖度についてみると、12~4月ごろのキャベツは8.9~10.4度あるが、6~9月は6度を下回る。オタフクソースによると、新品種のキャベツの糖度が特別高いわけではないが、広島お好み焼きにして食べてもらったアンケートで「甘い」という評価結果が出たという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事