オタフクソースが開発 お好み焼き用キャベツは何が特別?

公開日:

 オタフクソース(広島市)は、種苗メーカーの増田採種場(静岡県磐田市)と、お好み焼きに適した新品種の“夏キャベツ”を共同開発した。

 キャベツはお好み焼き1枚当たり150グラム程度使う重要食材だ。ところが、夏場に流通するキャベツは糖度が低く、苦味を感じやすい。確かに、甘い春キャベツに比べ、夏場に登場するキャベツは、ギッシリ詰まって重量感はあるが、甘さがなく、おいしくない。これはお好み焼きにとっては深刻だ。

「広島では夏場、甘味があるタマネギを加えたり、天かすを多めに入れたりするお好み焼き店もあります」(飲食業界関係者)

 糖度についてみると、12~4月ごろのキャベツは8.9~10.4度あるが、6~9月は6度を下回る。オタフクソースによると、新品種のキャベツの糖度が特別高いわけではないが、広島お好み焼きにして食べてもらったアンケートで「甘い」という評価結果が出たという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る