年収1000万円捨て養蜂家に転身 元エリート営業マンの現実

公開日:

 終身雇用制の崩壊が語られるようになって久しいが、年収1000万円を捨てて養蜂家に脱サラした人は珍しいだろう。千葉県袖ケ浦市にある坊ノ内養蜂園の鈴木一さんだ。大手外資系医療機器メーカーの敏腕営業マンだった鈴木さんが、養蜂家への転身を決めたのは10年ほど前のこと。

「大手企業で60歳まで勤め上げた父が定年後に力を持て余しているのを見て、僕は生涯現役で働きたいと思っていました。子どものころから自然が好きで、やるなら農業だと決めていた。そんな時に近所の養蜂家に巣箱を見せてもらい、興味を持ったんです」

 養蜂業界について調べてみると、国産の蜂蜜は全体の7%しかない。養蜂家は高齢化が進んでいるし、ミツバチの数も減っている。

「誰もやりたがらない衰退産業だからこそ、新規参入者にもビジネスチャンスがある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る