8割が抵抗なし 帰省の手土産も「宅配」する時代になる?

公開日:

 お盆や正月に見かける手土産をいっぱい抱えた帰省客。そんな光景がなくなるかもしれない。

「ぐるなび」が7月に実施した帰省の手土産に関する調査によると、現状、ネット通販の利用は11%だが、「今後利用したい」と答えたのが57%に上った。さらに、親に手土産が郵送で送られてきたら、「不快に感じない」がナント8割を超えた。「子どもが小さいので物は極力減らしたいという考え方が理解できる」(50代男性)、「最近では通販は一般的だから」(60代女性)など。送る側も受ける側も、手土産の宅配に抵抗はないようだ。

 経済ジャーナリストの井上学氏が言う。

「昭和30年代までは、お歳暮やお中元は持参して、顔を見て渡していました。送り付けたりしたら、無礼極まりなかったでしょう。帰省時の手土産も宅配になっていく可能性が高いです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る