曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

神戸酒心館さかばやし(東灘区)個性もあり 極上の酒粕料理

公開日:  更新日:

 酒粕がちょっとしたブームになっている。これは3年前に神戸酒心館がその汎用性を訴え、酒粕プロジェクトを始めたためで、それに影響されていろんな飲食店が料理素材に使い出した。神戸酒心館内にある日本料理店「さかばやし」は、今春リニューアルを機に酒粕に特化したメニューとローカルフードを強化した。

 今春からお目見えする「神戸ビーフの酒粕漬け」は、超A級素材の神戸ビーフを「福寿」の大吟醸酒粕で漬けたもの。刺しも入り、脂が乗った神戸ビーフには、しっかり風味をつける必要があるため、薄化粧ではなく、役者が白粉を塗るように厚化粧のように塗り込む。店では、これをテーブルの上で焼いて味わうのだ。ちなみに大吟醸酒粕を用いるのは、それができる4月のみ。あとの月は一般の「福寿」酒粕を使用する。

 このほか、酒粕料理では「酒粕の和風グラタン」(1400円)や「鯖の酒粕漬け」(1200円)などがあるが、面白いのは「かす三兄弟」の食べ比べ。日本酒の酒粕と、みりんを絞った後のみりん粕、醤油ができた後の醤油粕の三つの粕を用いた料理で、おのおのをクリームチーズと合わせている。加賀爪正也料理長は「今回はおのおのの個性を醸すためにクリームチーズで作りました。一つずつ味の違いを確めるのもいいです」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る