• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

サンタモニカの風(元町)神戸港を眺めながら豪華バイキング

 春爛漫、いよいよ外気が心地よい季節である。こんな時は屋外で一杯やりたい。そう思って訪れたのが神戸メリケンパークオリエンタルホテルの「サンタモニカの風」だ。 同ホテルは中突堤の先端にあって三方から海が望める。まさにリゾート気分あふれる場所。このホテルにある「サンタモニカの風」は、評判のいいバイキングレストランで、なかなかクオリティーが高い。広報の柏崎保子さんによると、和洋中の料理をそろえており、専任のシェフがいるのが特徴だそうで、メニューは毎月替わるほどバラエティーに富んでいる。

 今年は神戸が開港150周年にあたり、同店でもそれにちなんで日本各地の寄港地クルーズと題して郷土料理を加えるようになった。月ごとに地方を替えての郷土食のあるメニューを提供しているのだが、4月が四国で5月が関西の郷土料理にスポットを当てている。

 4月のぐる煮(高知)、せんざんき(愛媛)、5月の鯨の竜田揚げ(和歌山)、姫路おでん(兵庫)などがその代表。浦邊(うらべ)孝料理長が地域の料理を調べて調理しており、いつものバイキング料理に花を添えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る