曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

サンタモニカの風(元町)神戸港を眺めながら豪華バイキング

公開日:  更新日:

 春爛漫、いよいよ外気が心地よい季節である。こんな時は屋外で一杯やりたい。そう思って訪れたのが神戸メリケンパークオリエンタルホテルの「サンタモニカの風」だ。 同ホテルは中突堤の先端にあって三方から海が望める。まさにリゾート気分あふれる場所。このホテルにある「サンタモニカの風」は、評判のいいバイキングレストランで、なかなかクオリティーが高い。広報の柏崎保子さんによると、和洋中の料理をそろえており、専任のシェフがいるのが特徴だそうで、メニューは毎月替わるほどバラエティーに富んでいる。

 今年は神戸が開港150周年にあたり、同店でもそれにちなんで日本各地の寄港地クルーズと題して郷土料理を加えるようになった。月ごとに地方を替えての郷土食のあるメニューを提供しているのだが、4月が四国で5月が関西の郷土料理にスポットを当てている。

 4月のぐる煮(高知)、せんざんき(愛媛)、5月の鯨の竜田揚げ(和歌山)、姫路おでん(兵庫)などがその代表。浦邊(うらべ)孝料理長が地域の料理を調べて調理しており、いつものバイキング料理に花を添えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る