• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

群馬で63歳男性が格闘 猛者が語るクマ退治の究極ワザとは

 63歳のおじさんがクマを撃退――。こんな話が注目を集めている。

 渦中の人物は群馬県長野原町の青木篤さん。1日午後2時ごろ、山中で渓流釣りをしていた時ツキノワグマに襲われた。

「青木さんは地元で有名な空手の高段者。釣りの最中に振り向くと、クマが5メートルのところから突進してきた。2、3分間もみ合いになり、頭頂部をかまれ、顔や上腕部を引っかかれた。最後の手段で利き腕の左手の人さし指と中指をそろえて相手の目を突いたところ、クマが逃げ去ったのです。青木さんは身長172センチ。クマは190センチほどだった。全治2~3週間のケガと診断されました」(地元関係者)

 熊と格闘したといえば、極真空手のウィリー・ウィリアムスが有名だが、戦意喪失のクマを無理やり“ボコった”感が否めない。一方、青木さんは襲撃をはね返したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る