• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鮮度抜群 醸造施設一体の「ブルーパブ」で出来たてグビリ

醸造所まで数メートル、醸造長の榊さんと設備担当の小野寺さん(写真左)/(C)日刊ゲンダイ

 醸造施設とパブが一体になった「ブルーパブ」が近ごろ増えている。銀座8丁目で約30年のバー「主水」も今年4月、パーティースペースに小さな醸造所を設け、自家醸造を始めた。

「酒も造らずにウンチクだけ言うのに飽きたんです。どうやって酒が造られているのか?…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事