• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

麺屋ひしお(和歌山駅前店)どこにもない紀州らしいラーメン

 地方ラーメンの代表格である和歌山。戦前からその屋台が何軒かあったそうだが、メジャーにしたのは皮肉にも「毒入りカレー事件」。全国から訪れた記者がその味を知り、一挙に伝えたことで和歌山ラーメンが全国区になった。俗に和歌山ラーメンは、醤油ベースの豚骨醤油と豚骨ベースの豚骨醤油に大別されるが、「麺屋ひしお」はどちらにも属していない。店主・河端妙子さんが「激戦区で目立つには差別化しないと」と考えて湯浅の醤油に目をつけた。

 県内の湯浅は日本の醤油発祥地で、湯浅醤油のそれを使えば、どこにもない個性が発揮できると考えたよう。湯浅醤油で1年半以上寝かせて商品化した樽仕込みを用いたのが紀州湯浅吟醸醤油ラーメン(650円)。長い間寝かせた醤油を使っているからスープの色は黒い。一見濃いように思えるが、そこは河端さんらの創意工夫があって優しい味になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事