曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

麺屋ひしお(和歌山駅前店)どこにもない紀州らしいラーメン

公開日:  更新日:

 地方ラーメンの代表格である和歌山。戦前からその屋台が何軒かあったそうだが、メジャーにしたのは皮肉にも「毒入りカレー事件」。全国から訪れた記者がその味を知り、一挙に伝えたことで和歌山ラーメンが全国区になった。俗に和歌山ラーメンは、醤油ベースの豚骨醤油と豚骨ベースの豚骨醤油に大別されるが、「麺屋ひしお」はどちらにも属していない。店主・河端妙子さんが「激戦区で目立つには差別化しないと」と考えて湯浅の醤油に目をつけた。

 県内の湯浅は日本の醤油発祥地で、湯浅醤油のそれを使えば、どこにもない個性が発揮できると考えたよう。湯浅醤油で1年半以上寝かせて商品化した樽仕込みを用いたのが紀州湯浅吟醸醤油ラーメン(650円)。長い間寝かせた醤油を使っているからスープの色は黒い。一見濃いように思えるが、そこは河端さんらの創意工夫があって優しい味になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る