曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

ラウンジ&ダイニング ピア(神戸・元町)神戸ポーク料理の魅力

公開日: 更新日:

 神戸メリケンパークオリエンタルホテル3階にある「ピア」は、同ホテル唯一のフレンチレストラン。ただし、カフェ利用もできるために肩ひじ張らずに食事が楽しめる。同店の厨房を任されている岸本達哉さんは31歳の若きシェフ。28歳で料理長に就任したというから驚かされる。彼は生産現場を歩きながら面白いと思った食材を取り上げ、食材探訪フェアを行ってきた。

 11月末まで催しているのが神戸ポークを使用した料理フェアだ。神戸ポークとは、神戸市西区にある高尾牧場のブランドで、雌のLW系と雄のデュロック種を交配させた豚。餌や水にこだわりながら肥育することで肉質に特徴を持たせている。

「さっぱりした上品な味で、どんな食材とも合わせやすいのがいい」と岸本シェフが言うように、クセがなく、豚特有の臭みもない。特に“プレミアム”と呼ばれる肉は、神戸らしくパンを主原料にした餌を与えていけるからか、肉の風味がよく柔らか。岸本シェフは、これを用いてディナーコースの一皿「神戸ポークフィレ肉のアルロネーズ風、ジャガイモのムース季節野菜」を作ってくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る