田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

中原誠と米長邦雄 2人の天才に共通する不遇な子供時代

公開日:

 中原誠十六世名人(70)と4歳年上の米長邦雄永世棋聖(享年69=2012年没)は、タイトル戦でかつて何回も対決した名ライバルだった。両者の人生と勝負について、5回にわたって連載する。

 後者の米長は1943(昭和18)年に山梨県増穂町(現・富士川町)で生まれた。将棋は4歳で覚えた。6歳年上の長兄はアマ名人戦の全国大会に出場したほど強く、そんな環境で上達した。

 12歳のときに地元の将棋大会に参加し、東京から審判で来ていた佐瀬勇次七段に指導対局を受けた。結果は米長が敗れたが、佐瀬は少年の並々ならぬ才能に驚いた。

 佐瀬は米長の両親に「息子さんをプロの将棋の世界に進めさせてほしい」と強く勧めた。米長の父親は、よくわからない世界に年少の子どもを入れることに不安を感じた。当初は頑として断った。

 将棋を愛好した地元の実業家は後日にその話を聞くと、将棋界と棋士がどんなに素晴らしいものかと父親を説得した。そして「息子さんが東京で修業する場合、生活費と学費は引き受けます」と申し出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る