発毛剤の先駆者リアップは後発ライバル“自滅”で足場固め

公開日:

 王者の牙城は崩されるのか。頭部の薄さが気になる人にとっての頼みの綱がリアップ(大正製薬)だろう。乱立する発毛剤市場で、厚労省が唯一発毛効果を認定。1999年の登場以来、薄毛の人の注目の的で、昨年度の売り上げは161億円に上る。

 そんな独占市場に激震が走ったのは今月2日。男性用シャンプーなどを手掛けるアンファーが、リアップと同じ発毛成分のミノキシジルを含む発毛剤「メディカルミノキ5」の発売を発表したのである。

 リアップの主力商品「リアップ×5プラスローション」に対抗した商品で、成分含有量はどちらも5%、容量も同じ60ミリリットルだ。価格はリアップを175円上回る7223円。リアップへの対抗心がアリアリで、向こう3年で90億円の売り上げを目指すもくろみだ。

■「発売は未定です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る