発毛剤の先駆者リアップは後発ライバル“自滅”で足場固め

公開日:

 王者の牙城は崩されるのか。頭部の薄さが気になる人にとっての頼みの綱がリアップ(大正製薬)だろう。乱立する発毛剤市場で、厚労省が唯一発毛効果を認定。1999年の登場以来、薄毛の人の注目の的で、昨年度の売り上げは161億円に上る。

 そんな独占市場に激震が走ったのは今月2日。男性用シャンプーなどを手掛けるアンファーが、リアップと同じ発毛成分のミノキシジルを含む発毛剤「メディカルミノキ5」の発売を発表したのである。

 リアップの主力商品「リアップ×5プラスローション」に対抗した商品で、成分含有量はどちらも5%、容量も同じ60ミリリットルだ。価格はリアップを175円上回る7223円。リアップへの対抗心がアリアリで、向こう3年で90億円の売り上げを目指すもくろみだ。

■「発売は未定です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る