【クラゲと白菜のニンニク入りサラダ】白菜は芯の部分に繊細な甘み

公開日: 更新日:

中国菜 群青(神戸・北野)

 なんと箸で混ぜるだけ。

「火も使わないし、本当に簡単なのにワインにめちゃくちゃ合います」と張さん。

「スーパーマーケットなどで売っているパックのクラゲを使えばいいのです」

 うすい塩水に漬けて塩抜きし、あとは調味料と合わせて、混ぜるだけだ。

 白菜は、ちょっとぜいたくしよう。周りから剥いていき芯の部分を使うのだ。二つ割りにして、芯の部分を取り出してもいい。芯の部分の葉は繊維が軟らかくて、甘味も豊富なのである。もちろん、外側の部分は他の料理に使う。白く硬い部分も歯ごたえのためにちょっと使う。

 ザクザク切ったら、ごま油をまぶし、たたき割って粗みじんにしたガーリック。嫌いでなければパクチーをたっぷり添えるといい。塩味は少し濃いめに利かせること。ビールにも合うなあ、と思っていたら、おすすめはスパークリングだという。なかでも喉ごしがよく、味わいのしっかりしている「スペインや南仏産がベストチョイス」と言われた。芳醇な樽ワインでは、香りがきつすぎて、料理の方が負けてしまうのだ。

 クラゲのカリカリした歯ごたえと、白菜のしゃきしゃき感と甘味を味わいながら、スパークリングを飲み干すのだ。

《材料》
・クラゲ     100グラム
・白菜      100グラム
・ニンニク   ひとかけら
・パクチー
・塩
・化学調味料(味の素など)
・ごま油

《レシピ》
(1)ボウルに材料を全部入れる(クラゲもパックのものでよい)。
(2)箸を使って、まんべんなく混ぜる。
(3)皿に盛る。パクチーなど香草を添える。

今日の達人 張瑞隆さん

▽ちょう・ずいりゅう
 この道53年。神戸の食通が通った中華料理店・東明閣に40年間勤め、グランメゾン東天閣では料理顧問を3年務めた。阪神・淡路大震災後、神戸の老舗店・三宮一貫楼へ。フカヒレ料理を得意中の得意とし、神戸中華界の宝と呼ばれる。2016年から、ヌーベルシノワが売りの「群青」で腕を振るう。

▼「中国菜 群青」
 中華料理とワインのマリアージュを、と2016年1月にオープン。三宮一貫楼の系列店。天井の高さ4メートル、砂紋を思わせる土壁の室内は、深海のイメージだ。
神戸市中央区山本通1―7―9 ブーミン北野B1
℡078・241・3878(日曜休)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る