【サンマのベトナム甘辛煮】ニョクマムが臭みも取る

公開日:

ヴェトナムアリス(東京・神楽坂)

 ベトナムでも、魚の煮つけは家庭料理の定番らしい。サンマを使ったのは、メニューを考案したオーナーの濱屋喜芳氏が出身地の北海道・根室市の親戚から仕入れているから。店の人気メニューでもある。

「ベトナムではサワラなど白身魚は煮つけにしてよく食べます。サンマは取れないんです。ホーチミンとか暑い地域は濃い味を好む。これも甘辛い味付けで、お醤油の代わりにニョクマムを使っていますね。日本の醤油よりもしょっぱいので、より濃さが際立ちますし、サンマの青魚の臭いも取ってくれて相性がいい。家庭でやるなら、はらわたは取らないでそのまま煮たほうがおいしい」

 ポイントは煮込む前にお酢を入れること。骨が残っていたことに気づかないくらい、軟らかくなる。

 グラスに注いでくれたのは、スペインの赤ワイン「ルソンクリアンサセレクション」。甘辛い味付けがワインの渋味と合う。ホーチミンではビーフンにのせて、たっぷりのハーブとともに食べる料理もある。酒の締めにもピッタリだ。

《材料(2人前)》
・サンマ 2匹
・しょうが 3片
・ニョクマム(魚醤) 大さじ6
・日本酒 大さじ6
・酢 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・水 100㏄
・唐辛子 2~3本

《レシピ》
(1)サンマはよく洗い、一口大にぶつ切りにする。
(2)フライパンに入れ、スライスしたしょうが、酢、水とともに強火にかける。アクを取り落とし蓋をして、煮汁がなくなるまで弱火で1時間煮る。
(3)日本酒とニョクマム、砂糖を加えて再び落とし蓋をして、弱火で煮汁がなくなるまで様子を見ながら1時間ほどじっくり煮る。
(4)鍋ごと冷まし、粗熱を取りながら味をなじませる。
(5)皿に盛りつけて、しょうがの千切りとパクチー、唐辛子を飾る。

今日の達人 ヴースアン・クイさん

▽ヴースアン・クイ  
 ベトナム・ホーチミン出身。ホーチミンのレストラン・ホテルで10年間の修業後、8年前に来日。東京・大阪のベトナム料理店で勤務し、今年6月、「ヴェトナムアリス神楽坂」開店から料理長を務める。

●ヴェトナムアリス神楽坂
 料理番組「料理の鉄人」で初代フレンチの鉄人を務めた石鍋裕シェフのフレンチレストラン「クイーン・アリス」の系列としてはじめたベトナム料理店。1999年にプランタン銀座にオープンした。日本在住30年のベトナム人女性料理長、初代オーナーの石鍋裕シェフ、ベトナム通の店長・濱屋喜芳氏(現オーナー)の3者による本格派メニューが特徴。現在は、新宿ルミネ店、銀座マロニエゲート店、今年6月には一軒家を改装した初めての路面店、ヴェトナムアリス神楽坂もオープンした。
新宿区神楽坂3―6―84 
℡03・6265・0323

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る