【鶏肉とインゲンとカシューナッツのココナツカレー炒め】バケットで食べても絶妙

公開日:

ヴェトナムアリス(東京・神楽坂)

 神楽坂の街並みから異国情緒漂う一軒家。4階の個室は、インテリアから色調までベトナム気分を味わえる。最後は、東南アジアらしい逸品を地元の焼酎・ネプモイと共に楽しむ。

「中華でよくあるカシューナッツ炒めのココナツカレー味版です。カレーって時々、食べたくなりますよね。ご飯にかけるだけじゃなくて、おつまみにしたいと考えた一品です」(メニューを考案したオーナーの濱屋喜芳氏)

 バゲットを添えてもいい。特徴はカレーに負けないくらいにココナツを利かせることという。

「ココナツパウダーがなければココナツミルクで代用できます。ただ、水分のないパウダーの方がより濃くておいしく作れますよ。インゲンも炒めすぎず、ちょっとかたいくらいがいい。ネプモイは、味が濃くて香りがいいお酒。もち米の香ばしさが特徴で味の強いカレー粉にも合う」

 やみつきになって、ボトルキープする人も多いそうだ。日本の焼酎もいいが“地酒”で一杯やりたい。

《材料(2人前)》
・鶏モモ肉 250グラム
・カシューナッツ 50グラム
・インゲン 4~5本
・水菜 少々
・カレーパウダー 大さじ3
・ココナツパウダー 大さじ 5
・水 少々
・サラダ油 適宜

《レシピ》
(1)鶏モモ肉をよく洗い臭みを取り、一口大に、インゲンは2センチ幅に切る。
(2)①とカシューナッツを一緒にサラダ油でサッと炒める。
(3)水・カレー粉・ココナツパウダーを加え、よく炒める。
(4)盛り付けをして上に水菜をのせる。

今日の達人 ヴースアン・クイさん

▽ヴースアン・クイ  
 ベトナム・ホーチミン出身。ホーチミンのレストラン・ホテルで10年間の修業後、8年前に来日。東京・大阪のベトナム料理店で勤務し、今年6月、「ヴェトナムアリス神楽坂」開店から料理長を務める。

●ヴェトナムアリス神楽坂
 料理番組「料理の鉄人」で初代フレンチの鉄人を務めた石鍋裕シェフのフレンチレストラン「クイーン・アリス」の系列としてはじめたベトナム料理店。1999年にプランタン銀座にオープンした。日本在住30年のベトナム人女性料理長、初代オーナーの石鍋裕シェフ、ベトナム通の店長・濱屋喜芳氏(現オーナー)の3者による本格派メニューが特徴。現在は、新宿ルミネ店、銀座マロニエゲート店、今年6月には一軒家を改装した初めての路面店、ヴェトナムアリス神楽坂もオープンした。
新宿区神楽坂3―6―84 
℡03・6265・0323

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る