メルカリも参入 お手軽「即買い取りサービス」は損か得か

公開日:

 フリマアプリのメルカリが27日、不要なブランド品をすぐに現金化できる即時買い取りサービス「メルカリNOW」をスタートさせた。

 売りたいブランド品をスマホで撮影し、登録するだけで、すぐに査定金額が提示される。それでOKとなれば、買い取ってくれるというもの。即時買い取りサービスには先行の「CASH」もあり、CASHでは最低買い取り金額を1000円にする対抗策を打ち出すなど“火花”が飛び散っている。が、不要だからとあっさり売ってしまっていいものなのか。

 経済ジャーナリストの岩波拓哉氏は「今すぐ現金が欲しいという人以外には、おすすめしません」とこう続ける。

「フリマアプリに出品してもなかなか買い手がつかないという人には魅力的に映るでしょうが、そもそもメルカリは査定金額の上限が2万円なので、それ以上で売りたい人には向かない。また、すぐに買い取ってもらえる分、査定金額は相場より若干安くなるそうです。1円でも高く売りたい人にも向かない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る