• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メルカリも参入 お手軽「即買い取りサービス」は損か得か

 フリマアプリのメルカリが27日、不要なブランド品をすぐに現金化できる即時買い取りサービス「メルカリNOW」をスタートさせた。

 売りたいブランド品をスマホで撮影し、登録するだけで、すぐに査定金額が提示される。それでOKとなれば、買い取ってくれるというもの。即時買い取りサービスには先行の「CASH」もあり、CASHでは最低買い取り金額を1000円にする対抗策を打ち出すなど“火花”が飛び散っている。が、不要だからとあっさり売ってしまっていいものなのか。

 経済ジャーナリストの岩波拓哉氏は「今すぐ現金が欲しいという人以外には、おすすめしません」とこう続ける。

「フリマアプリに出品してもなかなか買い手がつかないという人には魅力的に映るでしょうが、そもそもメルカリは査定金額の上限が2万円なので、それ以上で売りたい人には向かない。また、すぐに買い取ってもらえる分、査定金額は相場より若干安くなるそうです。1円でも高く売りたい人にも向かない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る