メルカリも参入 お手軽「即買い取りサービス」は損か得か

公開日: 更新日:

 フリマアプリのメルカリが27日、不要なブランド品をすぐに現金化できる即時買い取りサービス「メルカリNOW」をスタートさせた。

 売りたいブランド品をスマホで撮影し、登録するだけで、すぐに査定金額が提示される。それでOKとなれば、買い取ってくれるというもの。即時買い取りサービスには先行の「CASH」もあり、CASHでは最低買い取り金額を1000円にする対抗策を打ち出すなど“火花”が飛び散っている。が、不要だからとあっさり売ってしまっていいものなのか。

 経済ジャーナリストの岩波拓哉氏は「今すぐ現金が欲しいという人以外には、おすすめしません」とこう続ける。

「フリマアプリに出品してもなかなか買い手がつかないという人には魅力的に映るでしょうが、そもそもメルカリは査定金額の上限が2万円なので、それ以上で売りたい人には向かない。また、すぐに買い取ってもらえる分、査定金額は相場より若干安くなるそうです。1円でも高く売りたい人にも向かない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る