メルカリも参入 お手軽「即買い取りサービス」は損か得か

公開日:

 フリマアプリのメルカリが27日、不要なブランド品をすぐに現金化できる即時買い取りサービス「メルカリNOW」をスタートさせた。

 売りたいブランド品をスマホで撮影し、登録するだけで、すぐに査定金額が提示される。それでOKとなれば、買い取ってくれるというもの。即時買い取りサービスには先行の「CASH」もあり、CASHでは最低買い取り金額を1000円にする対抗策を打ち出すなど“火花”が飛び散っている。が、不要だからとあっさり売ってしまっていいものなのか。

 経済ジャーナリストの岩波拓哉氏は「今すぐ現金が欲しいという人以外には、おすすめしません」とこう続ける。

「フリマアプリに出品してもなかなか買い手がつかないという人には魅力的に映るでしょうが、そもそもメルカリは査定金額の上限が2万円なので、それ以上で売りたい人には向かない。また、すぐに買い取ってもらえる分、査定金額は相場より若干安くなるそうです。1円でも高く売りたい人にも向かない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る