子供の反抗期に変化 専門家は「親に向けるとは限らない」

公開日: 更新日:

 最近の子供はおとなしくなった。そんなイメージからか、10代に入るあたりで起こる反抗期がないケースが増えているという。本当か。

 明治安田生活福祉研究所が昨年、全国の親子に調査したところ、反抗期がなかったと答えた親は男性28.1%、女性26.4%だったが、15~29歳の子供は男性42.6%、女性35.6%とハネ上がるのだ(2016年、親子の関係についての意識と実態)。子供がおとなしくなっている傾向はデータが裏づけているが、なぜ反抗期のない子供が増えているのだろうか。カウンセリングオフィス「AXIA」の心理カウンセラー・蔵野まどか氏はこう話す。

「反抗期がないというより、子供の反抗の形が変わってきているのではないかと考えられます。反抗するとしても、子供は必ずしも親に感情を向けるとは限りません。今はスマホなどインターネットが身近な存在となり、反発心やさまざまな葛藤をSNSやネットの世界にぶつけている子供たちも多い。また、リストカットなどの自傷行為によって、他人ではなく自分に向けていることもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  3. 3

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  4. 4

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  5. 5

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  6. 6

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  7. 7

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  8. 8

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る