• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

子供の反抗期に変化 専門家は「親に向けるとは限らない」

 最近の子供はおとなしくなった。そんなイメージからか、10代に入るあたりで起こる反抗期がないケースが増えているという。本当か。

 明治安田生活福祉研究所が昨年、全国の親子に調査したところ、反抗期がなかったと答えた親は男性28.1%、女性26.4%だったが、15~29歳の子供は男性42.6%、女性35.6%とハネ上がるのだ(2016年、親子の関係についての意識と実態)。子供がおとなしくなっている傾向はデータが裏づけているが、なぜ反抗期のない子供が増えているのだろうか。カウンセリングオフィス「AXIA」の心理カウンセラー・蔵野まどか氏はこう話す。

「反抗期がないというより、子供の反抗の形が変わってきているのではないかと考えられます。反抗するとしても、子供は必ずしも親に感情を向けるとは限りません。今はスマホなどインターネットが身近な存在となり、反発心やさまざまな葛藤をSNSやネットの世界にぶつけている子供たちも多い。また、リストカットなどの自傷行為によって、他人ではなく自分に向けていることもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事