遺伝子採取し相手探し「DNA婚活」は男女の相性どう測る

公開日: 更新日:

 DNA解析会社「DNAソリューションバンク」が先月から始めた「DNA婚活」が話題だ。同社が運営する婚活サイト「DNA COMPASS」に会員登録し、DNAデータを調べてもらうと、ほかの会員との相性度を測れるというものだ。年収や職業、年齢といったプロフィルに加え、“本能”が求める相手を導いてくれるわけだが、そもそもどうやって相性を測るのか?

「DNAの採取は、こちらから送付するキットの綿棒で口内をこするだけでOK。こちらでは、遺伝子の中で“恋愛遺伝子”と呼ばれる『HLA遺伝子』のみを抽出し、データ化します。これは白血球に含まれる免疫に関係する遺伝子の複合体のことで、2人の型が異なるほど、より強く丈夫な子孫を残すことができるといわれます。型が違えば違うほど強く引かれあうのです」(同社の営業本部長・田北哲也さん)

 恋愛遺伝子の相性=体の相性もいいというから興味深い。型が近いのは親子や兄弟で、本能的に近親相姦を防御するための遺伝子でもあるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る