【茄子そうめん】茄子なのにツルッとした食感がたまらない

公開日:

まめ多(東京・赤坂)

 気の利いたものが小鉢で次々と出てくると、酒飲みはたまらない。そんな酒飲みのわがままを知り尽くしているのが降旗さんだ。

 とはいえ、家庭ではこうはいかない。そうこぼすと、「簡単な手間暇ですぐにできるものがあるんですよ」と言って、これを作ってくれた。長茄子の皮をピーラーで剥いたら千切り。水にさらすだけ。手間はこれくらいだ。水気を拭きとりもせずに片栗粉をまぶす。

「その方が片栗粉がくっつくの」

 さっと茹でると、表面がつるっとして、そうめんのような食感になる。あえて、汁は冷温2種類。麺つゆを薄めただけだが、これで本当にぜいたくな気分になる。こんな料理を出して、熱燗を付き合ってくれる女房ならば最高だ。

《材料》
長茄子 1本
片栗粉  大さじ1
麺つゆ  大さじ2
ネギ  適量
おろしショウガ  適量

《レシピ》
(1)茄子はなるべく細く千切りにしたら水にさらしてあく抜き。片栗粉をまぶす。沸騰したお湯に入れて15秒くらい茹でたら、冷水をかける。
(2)麺つゆで温かい汁と冷たいつけ汁をつくる。薄める分量はそれぞれそばのときと同じ。器に盛ったら、おろしショウガとネギを飾る。

今日の達人 降旗壽眞子さん

▽ふりはた・すまこ
 まめ多の女将。1954年、福島県生まれ。18歳で上京し、OLをしながら、料理研究家・柳原一成氏門下の教室に通い懐石料理を極め、開店した。そのツマミが評判になり、「赤坂『まめ多』女将のおつまみレシピ 春夏秋冬」(集英社)を出した。

●まめ多
 赤坂山王下のすぐ近く。場所がら政官界のファンも多いおまかせ割烹。季節に応じて旬のツマミがどんどん出てくる、飲んべえにはたまらない店だ。開業は85年。09年に現在の店舗に移った。
港区赤坂3―6―10 7階
℡03・3586・7380

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る