• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【大根たくあんサラダ】簡単に見えるツマミには極意がある

まめ多(東京・赤坂)

 大根が甘い季節になってきた。この甘さがたくあんのしょっぱさとコラボする。こういう簡単な料理は必ず、外せないコツがあるものだ。それを省くと、とんでもない出来になる。簡単な料理ほど侮るなかれ。

 中でも絶対なのが「食べる直前に和えること」(降旗さん)。細く切って塩を振るのだから、時間がたつと水が出てしまう。大根を繊維に沿って切ったら、冷水にさらしてパリッとさせる。そして、食べる直前に和える。なるほど、これは鉄則だろうが、もうひとつ、素人が見落としがちなコツがある。

「なるべく大きな鉢に盛ること」

 器の彩りが大根を引き立たせる。大量に作っても見た目がいい。バクバクいけるもんで、肉のお供にもぴったりだ。

 ちなみに、たくあんは上級編の切り方がある。皮をむくような桂むきで、たくあんも紙のような平面にしてから繊維に沿って切っていくのだ。こんなところにも、素人には真似できない人気割烹の極意がある。

《材料》
・大根 10センチ
・たくあん 5センチ
・白いりごま 大さじ1
・大葉3枚、またはカイワレ2分の1パック
・塩 小さじ1
・ごま油 小さじ1

《レシピ》
(1)大根の皮をむき5センチの長さの千切りにする。太さは2ミリが目安。氷水につけてパリッとさせる。
(2)たくあんもできるだけ大根と同じ太さに切りそろえる。
(3)大根とたくあんを合わせていりごま、大葉の千切りを加え、塩、ごま油で和える。

今日の達人 降旗壽眞子さん

▽ふりはた・すまこ
 まめ多の女将。1954年福島生まれ。18歳で上京し、OLをしながら、料理研究家の柳原一成氏門下の教室に通い、懐石料理を極め、店を出した。そのツマミが評判になり<赤坂「まめ多」女将のおつまみレシピ 春夏秋冬>(集英社)を出した。

●まめ多
 赤坂山王下のすぐ近く。場所がら政官界のファンも多いおまかせ割烹。季節に応じて旬のツマミがどんどん出てくる呑兵衛にはたまらない店だ。開業は1985年。2009年に現在の店舗に移った。
港区赤坂3―6―10 7階
℡03・3586・7380

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る