被害急増の詐欺サイト 背景に巧みな“検索エンジン最適化”

公開日:

 ネットショッピングで商品名を検索して送金したのに肝心の商品が届かない――。こんな詐欺サイトがヤフーやグーグルの検索上位に表示され、カネをだまし取られる被害が増えていることが「日本サイバー犯罪対策センター(JC3)」の調査で分かった。詐欺サイトはブランド品の腕時計やバッグのほか、スポーツ用品、日用雑貨などを掲示している。

 JC3はこうした詐欺サイトが今年7~12月だけで1万9834件に上るとしている。5月以降、サイトに記載された口座に約2億4000万円が入金されたという。

 サイトの検索順位を上げる手法は「SEO対策」と呼ばれている。「サーチ・エンジン・オプティマイゼーション」の略で、HPを上位に表示させる「検索エンジン最適化」の意味。上位にあると利用者はつい信用してしまう。そうした心理効果を狙った行為だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る