有名企業を装うメール スミッシング対策“意外な最終手段”

公開日:

 Googleを装った「SMS(ショートメッセージサービス)」を送信し、偽サイトに誘導して現金をだまし取っていた「スミッシング」詐欺犯がパクられた。

 6日までに、詐欺と割賦販売法違反の疑いで、警視庁と静岡県警の合同捜査本部に逮捕された住所不定、無職の山埜井福太郎容疑者(34)。山埜井容疑者は、7月に捕まったスミッシング詐欺グループの一員で、30万件以上のSMSを送信し、少なくとも約1000人から約2000万円を詐取したとみられている。

 ちなみにスミッシングは「SMS」と、偽サイトに誘導する「フィッシング」を組み合わせた造語。日本で初めてフィッシング詐欺被害が確認されてからもう13年も経ったが、あの手この手でだましにかかってくる。

 まあ、身に覚えがないメールが届いたら、その場で削除すれば済む話だが、最近はGoogleをはじめ、何となく覚えがありそうな有名企業を装って送りつけてくるから、厄介だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る