有名企業を装うメール スミッシング対策“意外な最終手段”

公開日: 更新日:

 Googleを装った「SMS(ショートメッセージサービス)」を送信し、偽サイトに誘導して現金をだまし取っていた「スミッシング」詐欺犯がパクられた。

 6日までに、詐欺と割賦販売法違反の疑いで、警視庁と静岡県警の合同捜査本部に逮捕された住所不定、無職の山埜井福太郎容疑者(34)。山埜井容疑者は、7月に捕まったスミッシング詐欺グループの一員で、30万件以上のSMSを送信し、少なくとも約1000人から約2000万円を詐取したとみられている。

 ちなみにスミッシングは「SMS」と、偽サイトに誘導する「フィッシング」を組み合わせた造語。日本で初めてフィッシング詐欺被害が確認されてからもう13年も経ったが、あの手この手でだましにかかってくる。

 まあ、身に覚えがないメールが届いたら、その場で削除すれば済む話だが、最近はGoogleをはじめ、何となく覚えがありそうな有名企業を装って送りつけてくるから、厄介だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る