被害急増の詐欺サイト 背景に巧みな“検索エンジン最適化”

公開日: 更新日:

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏によると、もともとSEO対策はコンサル会社がHPを上位にしたがっている企業の依頼を受け、正当な業務として行っていた。これを詐欺業者も行うようになったという。

「ヤフーもグーグルも、コンピューターがある法則性でサイトの順列を決めています。一種の計算式です。その仕組みは極秘事項ですが、詐欺業者はどんな構成の、どんな言葉が多いHPが上位にくるかを時間をかけて割り出す。HPの評価を高める方法を発見し、上位に表示させるのです。検索サイト側は安全対策のために計算式を不定期に変更しますが、詐欺業者は見破ってしまう。まさにイタチごっこです」(井上トシユキ氏)

 JC3はサイトの日本語表記がおかしくないか、事業者名や住所、電話番号、責任者の記載があるかをチェックするよう指導しているが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  6. 6

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  9. 9

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  10. 10

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る