いらない物を“売って”意識が変わる 掃除とお金の深い関係

公開日:

 大掃除の季節となった。断捨離やミニマリストなど、物を減らしたり増やさない生活の様子がニュースや雑誌などでも取り上げられるが、掃除とお金は、すごく深い関係にある。ファイナンシャルプランナー・横川楓氏に聞いた。

「大掃除では掃除機をかけたり窓を拭いたり部屋自体を奇麗にする作業はもちろん、いらない物の整理もしようと思いますよね。とはいえ、一度物をため込んでしまうくせがついてしまうと、『いつか使うかも……』『捨てるのはもったいない』という気持ちが先行してしまう。使わなくても、とりあえず物をおいてしまっているタイプだという方も多いのではないかと思います。でも、このため込んでしまっている物が多いということは、お金に換えるチャンスがあるということなんです」

 お金に換えるには売ればいい。基準は「1年使わなかったかどうか」だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る