• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

いらない物を“売って”意識が変わる 掃除とお金の深い関係

 大掃除の季節となった。断捨離やミニマリストなど、物を減らしたり増やさない生活の様子がニュースや雑誌などでも取り上げられるが、掃除とお金は、すごく深い関係にある。ファイナンシャルプランナー・横川楓氏に聞いた。

「大掃除では掃除機をかけたり窓を拭いたり部屋自体を奇麗にする作業はもちろん、いらない物の整理もしようと思いますよね。とはいえ、一度物をため込んでしまうくせがついてしまうと、『いつか使うかも……』『捨てるのはもったいない』という気持ちが先行してしまう。使わなくても、とりあえず物をおいてしまっているタイプだという方も多いのではないかと思います。でも、このため込んでしまっている物が多いということは、お金に換えるチャンスがあるということなんです」

 お金に換えるには売ればいい。基準は「1年使わなかったかどうか」だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事