ラーメン官僚がお薦め 「年末に食べたい」関東の名店13軒

公開日:

 今年の「ミシュランガイド」には2軒のラーメン店に☆(1つ星)が付き、ビブグルマンに24軒が選ばれた。「昭和のB級グルメ」からラーメンの地位が向上しているのは間違いないが、身近なグルメゆえ、当たり外れが大きいのも否めない。「ラーメン超進化論『ミシュラン一つ星』への道」(光文社)の著者で、年間700杯、通算1万3000杯以上のラーメンを食べ続けている“ラーメン官僚”こと田中一明氏に、年越しそばならぬ食べなきゃ年を越せない一杯を聞いた。

「ラーメンを楽しむには、実は年末年始が“穴場”なんです。29~31日は、営業している店が多い割に帰省で都内の人口が減るので、行列に並ぶことなく人気店に入れます。年始は“限定メニュー”を出す店が多く、ネットで目星を付けて巡ると楽しめます」

 別表は田中氏のオススメの名店だ。2017年から18年にかけての最大のトレンドは、異業種ラーメン。和食、フレンチなどの職人が参入した店になるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る