老舗魚屋に郷土料理 青森・津軽地方“うまいもん”をめぐる

公開日:

全国各地から客を呼ぶ料理人

 野菜もチーズもハムもワインも、自分で作るシェフが弘前にいる。「オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ」の笹森通彰さんだ。

 イタリアで修業後、故郷の弘前で店を開いたのが2003年。「城下町の弘前は食の文化度が高く、いいものにはお金を惜しまない人が多い」と考えたからだ。それはピタリと当たった。今では全国から客が集まる。

 野菜作りを始めたのは、当時は西洋野菜が手に入らなかったから。実家の畑に好きな野菜を自分で植えれば、新鮮なままテーブルへ。結果的に地産地消になった。

「自分で何かを作り出すのが好き。ほかの人がやっていないことをやりたい」(笹森さん)

 チーズは、イタリアで働いていた店で作っていたが、担当が違う。遠目に「いいな」と思っていた。自分の店で本やユーチューブを参考に作り始めた。生ハムは、参考本などなかったが、肉の扱いには知識がある。肉屋見学をし、試行錯誤して今の味を完成させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る