老舗魚屋に郷土料理 青森・津軽地方“うまいもん”をめぐる

公開日: 更新日:

全国各地から客を呼ぶ料理人

 野菜もチーズもハムもワインも、自分で作るシェフが弘前にいる。「オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ」の笹森通彰さんだ。

 イタリアで修業後、故郷の弘前で店を開いたのが2003年。「城下町の弘前は食の文化度が高く、いいものにはお金を惜しまない人が多い」と考えたからだ。それはピタリと当たった。今では全国から客が集まる。

 野菜作りを始めたのは、当時は西洋野菜が手に入らなかったから。実家の畑に好きな野菜を自分で植えれば、新鮮なままテーブルへ。結果的に地産地消になった。

「自分で何かを作り出すのが好き。ほかの人がやっていないことをやりたい」(笹森さん)

 チーズは、イタリアで働いていた店で作っていたが、担当が違う。遠目に「いいな」と思っていた。自分の店で本やユーチューブを参考に作り始めた。生ハムは、参考本などなかったが、肉の扱いには知識がある。肉屋見学をし、試行錯誤して今の味を完成させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった