老舗魚屋に郷土料理 青森・津軽地方“うまいもん”をめぐる

公開日:

全国各地から客を呼ぶ料理人

 野菜もチーズもハムもワインも、自分で作るシェフが弘前にいる。「オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ」の笹森通彰さんだ。

 イタリアで修業後、故郷の弘前で店を開いたのが2003年。「城下町の弘前は食の文化度が高く、いいものにはお金を惜しまない人が多い」と考えたからだ。それはピタリと当たった。今では全国から客が集まる。

 野菜作りを始めたのは、当時は西洋野菜が手に入らなかったから。実家の畑に好きな野菜を自分で植えれば、新鮮なままテーブルへ。結果的に地産地消になった。

「自分で何かを作り出すのが好き。ほかの人がやっていないことをやりたい」(笹森さん)

 チーズは、イタリアで働いていた店で作っていたが、担当が違う。遠目に「いいな」と思っていた。自分の店で本やユーチューブを参考に作り始めた。生ハムは、参考本などなかったが、肉の扱いには知識がある。肉屋見学をし、試行錯誤して今の味を完成させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る