田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

竜王戦で様変わり 「常識を覆す攻め」の羽生に一体何が?

公開日:

 羽生善治棋聖(47)は8月から9月までの公式戦で6勝9敗と負け越した。一時的な成績不振とはいえ、将棋の内容に異変が感じられた。

 菅井竜也七段(25)との王位戦7番勝負では、菅井が独自の工夫を凝らした振り飛車に羽生は有効な手だてを講じられず、1勝4敗で王位を失った。

 中村太地六段(29)との王座戦5番勝負の第1局では、形勢がまだ難解だった終盤の局面で羽生は負けと観念して投了してしまった。以後も精彩を欠いて1勝3敗で王座を失った。

 そのほかの対局でも、羽生らしくないミスが終盤に出て好局を落とすことがあった。

 タイトルが13年ぶりに一冠に後退した羽生には、不調説が取り沙汰されたものだ。

 羽生はそんな状況でも、竜王戦の決勝トーナメントを勝ち抜いて挑戦者になった。ある意味で竜王戦に勝負運を集中させたともいえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る